• 多様な学校

    シュタイナー教育、サドベリースクールなど

    子どもの個性を最大限引き出す教育の数々!

  • 未来の先生展 オルタナティブ教育特集

    両日 常に開催 @4号館 聖心コモンズ

    学校法人シュタイナー学園 など

    シュタイナー学園の特別プログラムとして知られる「フォルメン線描」や、独特の教え方がなされる「シュタイナー式 数学の授業」「生命学」などを、参加者のみなさまに体験いただきます。

     

    また、サドベリースクールという、アメリカボストンにあるサドベリーバレースクールをモデルとした新しいタイプのスクールについての説明会、相談会なども併せて開催されます。

     

    ぜひご来場ください!

    いろんな学校の形を知る!

    未来の先生展 フリースクール特集

    両日 常に開催 @4号館 4-1号室

    NPO法人 フリースクール全国ネットワークなど

     

    NPO法人東京シューレが提供するランチタイム映画上映会「不登校なう~居場所を求める私たち~」「僕は僕でよかったんだ フリースクール東京シューレの25年」や、フリースクールの卒業生の座談会などを両日通して開催いたします!

     

     

    おはなしワクチン

    9/15(土) 16:00-17:00@3号館 338

    蓑田 雅之

    「おはなしワクチン」は、この世から不登校をなくすセミナー活動です。セミナーでお話しするのは主に2つ。1つは法律的に見て「不登校」が問題ではないこと。もう1つは「サドベリー」や「シュタイナー」「イエナプラン」などの多様な学びが選べる世の中になっていること。学校復帰を目指さずに、多様な学びを選択することで、不登校を解消していくことが狙いです。企業向け、保育園・幼稚園向けがありますが、「未来の先生展」では主に企業向けセミナーの形でお話しいたします。当日は簡単なワークショップを交えて、みなさんの意見や感想をうかがいながら進行していきます。

     

    詳しくはこちら → https://goo.gl/djbUj8

    発達障害とアート療育

    ~個性を生かす、アートを通したコミュニケーション~

    9/16(日)10:00-11:30 @3号館 341号室

    株式会社たまみずき

    アート療育とは、療育とアートの融合であり、9年前よりたまみずきで先駆的に行われてきた活動です。 アート療育の特徴は、「クレヨンで絵を描く」いう活動も、ただ漫然と絵を描くのではなく、指導者がそこに「発達段階やこどもの特性」を理解し「発達を促すための意味と目的」をきちんと持たせることです。そのことにより「描く」行為を通して発達的アプローチを行い、発達を促すのです。それが「アートを利用した療育を行う」ということであり、療育として成されているための重要事項です。 アート療育の特徴は「アート活動(創作活動)の持つ、自由かつ楽しい」こと、「活動から得られる達成感」という心理的な側面も大きく、そのことが療育として一段と効果をもたらします。

     

    詳しくはこちら → https://goo.gl/7GfV47

    「異才、発見!」

    9/16(日) 14:15-15:15 @3号館 341号室

    オフィスウィズトライアングル

    東京大学先端科学技術研究センターと日本財団が取り組む異才発掘プロジェクトを4年間密着したルポ「異才、発見!」の著者が異才発掘プロジェクトの取組みを間近でみたこどもたちの様子や成長についてお話します。※(ROCKETの説明会ではありません)また、聴覚障害の放課後施設で小学1年生から6年生の子どもたちと一緒に活動している絵本づくりについて、感情を表すことや感性を引き出すために必要なこと、語彙を増やすためにどうすればよいかなど、子ども達との活動の中、発見したことを作品を紹介しながら語る。

     

    詳しくはこちら → https://goo.gl/FNA9Px

    特別支援教育のわかる、できる校長の作り方

    9/16(日) 17:15-18:45 @3号館 341号室

    平成になって、発達障害などの発達の特性、課題を持つ児童生徒に対する理解と受容をし、合理的配慮をする特別支援教育が進展しています。
    特別支援教育コーディネーターの指名、特別支援級、通級指導学級などの設置も多くの小学校、中学校で進んでいます。アセスメント体制の拡充も進み、個別教育支援計画によるPDCAサイクルも進んでいます。ケース会議、校内委員会の実施も行われています。
    一方で、専門スキルを持つ教職員を育成する仕組み、学校の中のチーム体制、外侮のリソース、人脈との連携など、課題も未だ多く山積しています。
    高校では希少な、特別支援教育実践校である明蓬館高等学校での実践発表と、現在特別支援教育、インクルーシブ教育で注目を集めている小学校、中学校の校長をパネラーに招いて、校長の仕事ぶり、視点を探ります。
    そして法則性、原理原則が何か、適性のある校長を抜擢、育成するための条件を探ります。

     

    詳しくはこちら → https://goo.gl/8nC2cg

  • 未来の先生展2018前売り券は

    こちらから!

    前売りチケット公開中!

    未来の先生展2018前売り券は

    こちらから!

    前売りチケット公開中!

  • お問合せはこちらから

    2~3営業日以内にご返信いたします。連絡がない場合お手数ですが再度お問合せください。