• 11月20日(土)13:00-
    【参加無料!】未来の先生フォーラム 探究学習特別編

    「探究学習を考える―探究学習の本質」@完全オンライン
    開催!


    詳細・お申込みはこちら

     

     

    ゲストと様々なトピックについてカジュアルトーク!
    未来の先生radio

    @Voicyにて

    毎週土曜日20:00ー生放送中!

     
    未来の先生radioは、多様な教育業界のゲストをお呼びして、
    取り組みやその人自身など、様々なトピックについてカジュアルにお話する生放送番組です。
    無料で参加可能です。
     
    パーソナリティは、未来の先生フォーラム実行委員長の宮田純也
    と京都芸術大学教授の本間正人が務めます。

    詳細はこちら
     

  • 未来の先生フォーラムMEMBERS

    開始!

    未来の先生フォーラム2020・未来の先生フォーラム2021のアーカイブ動画を一部ご覧いただけます。

    その他、イベントなどに参加可能です!
     

    詳細は以下をご覧ください。

    10月30日(土)13:00-開催!
    思考と問いの不易流行ー思考と問いを再考するー

     AIの台頭など、より人間らしいことがますます価値を持ってくるこの時代に、自分の頭で考えることの重要性は高まっています。各教科でも思考力を評価することがよく見受けられます。「自分の頭で考える」と言われますが、考えるとはどのような取り組みで、思考力とはどのようなものなのでしょうか?思考することは問いを生み出すことと相関しています。
     思考と問いの不易流行を扱う中で、「考えること=思考力」と「問い=質問力」の方法と本質に迫ります。
     
    ・詳細はこちら
    https://mirai-sensei.info/members/eventthinking/

    11月13日(土)13:00-開催!
    多様性が活きる教育を創造するーインクルーシブ教育の観点から共生社会を創るー

     私たちの未来は、多くの文化、そして個人の価値観がより反映される多文化共生社会がより進展すると考えられます。多文化共生社会というのは、その現実は日本人と外国人、男性と女性、「持てる者」と「持たざる者」、「健常者」や「障害者」など、様々な立場を持つ人々がいることを考えると、人々の間の摩擦や軋轢がある程度は避けて通れないものと考えられます。それは、サラダボールやオーケストラのような平和的共存というよりは、異なるパースペクティブ(視点)や利害が対立し競合する衝突の絶えない社会といった性質のものであると考えられます。しかし、多文化共生社会においては、このような困難さを認識しつつ、お互いの違いを認め合いながら、自分たちが納得できる共通のルールを見出していく必要があります。
     そのような中で、インクルーシブ教育、スペシャルニーズ・エデュケーション(特別支援教育)の先駆的なお取り組みをされている方々をお招きし、インクルーシブ教育の観点から共生社会を創る多様性が活きる教育を考えます。
     

    12月18日(土)13:00-開催!
    持続可能な社会を創る教育ー気候変動とSDGsを踏まえた現場の教育実践ー

    SDGs(持続可能な開発目標)が私たちの生活に浸透してきていますが、気候変動は日々深刻化しています。私たちの生きる世界や地球が持続可能となるために、私たちができることはどのようなことでしょうか?未来を生きる私たち、そして未来を創っていく子供たちに必要な学びとは何でしょうか?
    気候変動の最前線を知り、学校現場でできる取り組みについて考えます。

    ・詳細はこちら
    https://mirai-sensei.info/members/event-sdgs-202112/

  • 未来の先生radio

    未来の先生radioは、多様な教育界のゲストをお呼びして、取り組みやその人自身など、

    様々なトピックについてカジュアルにお話をする番組です。
     

    パーソナリティは、未来の先生フォーラム実行委員長の宮田純也

    と京都芸術大学教授の本間正人が務めます。
     

    配信日:毎週土曜日20:00-21:00+随時
    ※参加無料・アーカイブ配信あり
     

    ぜひご参加ください!

     

    参加に当たっては、Voicyアプリをダウンロードいただく必要があります。
    その後、未来の先生radioチャンネルをフォローしてください。

    未来の先生チャンネルはこちら
    URL: https://voicy.jp/channel/2316

     

    ※ご利用にあたってのご質問等はVoicy提供会社にお尋ねいただくか、以下のURLをご覧ください。

    Voicy利用方法はこちら

     

    番組の情報は随時更新予定です!

    10月9日(土)

    20:00ー21:00

    テーマ:未来の先生radio開設記念トーク

    開催を記念して、初回はパーソナリティの未来の先生フォーラム実行委員長の宮田純也と京都芸術大学教授の本間正人の2名でお送りします。今後の放送予定、未来の先生フォーラム設立秘話とこれからの展開、本間先生の学習学についてなど、様々なトピックについてお話します。

     

    アーカイブはこちら

    10月16日(土)

    20:00ー21:00

    テーマ:新しい学校教育を描く

    ゲスト:安居 長敏先生(ドルトン東京学園 中等部・高等部 副校長)

    大学卒業後、滋賀女子高等学校に赴任。「授業は教科の内容を教える場ではない、教科を通して人生を語る時間だ!」が授業開きの決めゼリフ。2002年、いったん教員生活を離れ、起業。友人とコミュニティFMを滋賀県内に2局設立。運営・番組制作・DJをしながら、個人でITサポート事業を始める。4年後再び教育現場に戻り、滋賀学園中学高等学校で学校改革に取り組む。校長就任後は学校と企業をつなぐPBL×ICT教育を構築。その後、沖縄アミークスインターナショナル小中学校長を経て、2019年よりドルトン東京学園中等部・高等部学校の立ち上げに携わる。同校参事から2020年副校長。2021年は入試広報部長も兼務。「学校に身を置く自由人」として、チャレンジし続ける人づくりを実践中。

     

    アーカイブはこちら

    10月23日(土)

    20:00ー21:00

    テーマ:世界から見た日本の教育

    ゲスト:藤井 巌様(リアルニュージーランド 代表)

    東京大学法学部卒。ゴールドマン・サックス、JPモルガンにて債券資本市場に関わる。主な勤務地は、東京ならびにロンドン。2006年にニュージーランドに移住後、リアルニュージーランドを立上げ。中高生を主としたニュージーランド留学を現地にてサポート。

    日本とは対極の位置にあるニュージーランド教育を、世界へ羽ばたく最適なステップとして捉え、ニュージーランド留学の日本での普及活動に従事。最近増加を続ける日本の教育システムになじめない、楽しめない、意味を見いだせない子供たちの、長期教育の一つの選択肢としても、ニュージーランド留学を勧めている。

    ニュージーランド南島にある小都市ネルソンの郊外にて、羊に囲まれて生活中。趣味は、ラグビーならびにアウトドア・スポーツ。シーカヤックにて、九州本島、沖縄本島などを単独で一周、インドネシア、韓国等にも遠征。

     

    アーカイブはこちら

    10月27日(水)
    20:00ー21:00
    テーマ:新設!完全民間運営学校の挑戦
    ゲスト:堺谷 武志先生(左下:HILLOCK初等部創設者、キッズアイランド代表)・蓑手 章吾先生(右上:HILLOCK初等部 校長)
    ・堺谷 武志先生
    京都大学工学部、南カリフォルニア大経営学修士、保育士。都市銀行(現三菱UFJ銀行)で米国・シンガポール駐在後、国際ビジネス(アジア戦略立案、海外事業買収等)に従事。2006年起業しプリスクール「キッズアイランド」設立。2019年NPO法人ソダチバ・プロジェクト設立(代表理事)、2022年4月にマイクロスクール「ヒロック初等部」を仲間とともに立上げます。
    ・蓑手 章吾先生

    2022年4月に世田谷に開校するオルタナティブスクール「HILLOCK初等部」のスクールディレクター(校長)。元公立小学校教員で、教員歴は14年。特別支援学校でのインクルーシブ教育や、発達の系統性、乳幼児心理学に関心をもち、教鞭を持つ傍ら大学院にも通い、人間発達プログラムで修士修了。特別支援2種免許を所有。ICT CONNECT21が主催する「先生発!最新のICT技術で教育現場を変えるハッカソン」ではグランプリを受賞。プログラミング教育で全国的に有名な前原小学校では、研究主任やICT主任を歴任。主著『子どもが自ら学び出す!自由進度学習のはじめかた』(学陽書房)、共著に『知的障害特別支援学校のICTを活用した授業づくり』(ジアース教育新社)、『before&afterでわかる!研究主任の仕事アップデート』(明治図書出版)など。

     

    生放送URLはこちら→https://voicy.jp/channel/2316/live/2091

    10月30日(土)

    20:00ー21:00

    テーマ:地方の学校教育の実践と見えてきたこと

    ゲスト:大山 力也教諭(鳥取城北高校)


    神奈川県横浜市出身。幼少期ブラジル育ち。早稲田大学教育学部卒、早稲田大学院教職研究科修了。2017年より鳥取県にIターン移住&私立鳥取城北高等学校で勤務。2019年に日本財団地域コーディネーターを兼務。社会科、総合探究主任、アントレプレナー部顧問。2019年夏より高校教員をしながら鳥取県宇宙産業創出プロジェクトの立ち上げに関わる。

     

    11月6日(土)
    20:00ー21:00
    テーマ:”考える”人になる、”考える”学校を作る
    ゲスト:織田澤 博樹先生(右上:青翔開智中       学校・高等学校 校長)・加藤 昌治様(左下:『考具』著者)
    ・織田澤 博樹先生
    群馬県沼田市出身。
    電気通信大学大学院修了後、日立製作所に入社しシステムエンジニアとして災害救急システムの開発に従事する。
    その後、キャラクタービジネスの世界へ転身し、子供向け玩具・イベント・
    キャラクターミュージアムの企画開発を担当。
    2012年より青翔開智中学校・高等学校の設立準備に参画し建築、ファニチャー、ICT、図書館などの企画を担当する。2014年の開校以降は教員としてデザイン思考をベースとした授業実践もおこなう。2020年より現職。

    ・加藤 昌治様
    1994年広告会社入社。情報環境の改善を通じてクライアントのブランド価値を高めることをミッションとし、マーケティングとマネジメントの両面から課題解決を実現する情報戦略・企画の立案、実施を担当。著書に『考具』(CCCメディアハウス 2003年)、『発想法の使い方』(日経文庫 2015年)、『チームで考える「アイデア会議」 考具 応用編』(CCCメディアハウス 2017年)、『アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編』(CCCメディアハウス 2017年)、「仕事人生あんちょこ辞典」(角田陽一郎氏との共著 KKベストセラーズ 2021年)、ナビゲーターを務めた『アイデア・バイブル』(ダイヤモンド社 2012年)がある。

    11月13日(土)

    20:00ー21:00

    テーマ:金融教育

    ゲスト:大河内 薫様(税理士、株式会社ArtBiz代表取締役)

    芸術学部卒という税理士として異色の経歴を持ち、芸能・芸術/ クリエイターに特化した税理士事務所を経営。また、WEB メディアでの発信を得意とし、税理士として日本最大級のYouTube チャンネル運営(登録者29 万人超)現在はオンラインサロン「大河内薫マネリテ戦略室」を活動の中心に据えて、お金の教育を義務教育に導入すべく活動中。小学校~大学まで、実際の学校現場で「お金の授業」をしている。著書『お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!』は18 万部突破。

    12月4日(土)
    20:00ー21:00
    テーマ:未来の教育について語る
    ゲスト:伊藤 羊一様(右上:Zホールディングス株式会社 Zアカデミア学長)・津吹 達也先生(左下:武蔵野大学アントレプレナーシップ学部 教授)
    ・伊藤 羊一様
    東京大学経済学部卒、1990年日本興業銀行入行、企業金融、債券流動化、企業再生支援などに従事。2003年プラスに転じ、ジョインテックスカンパニーにてロジスティクス再編、マーケティング、事業再編・再生などを担当後、執行役員マーケティング本部長、ヴァイスプレジデントを歴任、経営と新規事業開発に携わる。2015年4月ヤフーに転じ、現在Zアカデミア学長、Yahoo!アカデミア学長としてZホールディングス、ヤフーの次世代リーダー開発を行う。またウェイウェイ代表、グロービス経営大学院客員教授としてリーダー開発を行う。若い世代のアントレプレナーシップ醸成のために2021年4月より武蔵野大学アントレプレナーシップ学部(武蔵野EMC)を開設、学部長に就任。代表作「1分で話せ」は52万部を超えるベストセラーに。その他「0秒で動け」「1行書くだけ日記」「FREE, FLAT, FUN」など。
     
    ・津吹 達也先生
    立教大学文学部を卒業後、松下電器産業(株)(現パナソニック(株)入社後アジア地域の海外営業、インドネシア駐在を経験。その後国内IT企業の海外事業展開責任者として香港・シンガポールの現地法人の立ち上げを行う。
    2008年より高等教育領域に携わり教鞭をとる。2008年から立教大学経営学部(ビジネスリーダーシッププログラム)の教員として科目開発と授業を担当。2014年立教大学BLP Advancedで経済産業省キャリア教育アワード受賞。2014年より京都工芸繊維大学にて次世代リーダー育成の産学連携プログラム(Tech Leader Program/Kyoto Startup Summer School)を立ち上げる。現在は武蔵野大学アントレプレナーシップ学部の立ち上げ準備に携わる。アロワナアドバンスドアドバイザリー合同会社では広く社会・地域への教育領域での提言やアドバイザリー活動を行っている。また産官学を広く束ねた教育業界のこれからに関する知見収集と意見交換のコミュニティとして一般社団法人教育ガラガラポンを運営している。グロービス経営大学院2012年修了(MBA)。

    Coming soon

    随時情報を更新します。

    お楽しみに!

  • 未来の先生フォーラム 探究学習特別編
    11月20日(土) 13:00-17:30

    「探究学習を考える―探究学習の本質」
    参加無料・完全オンライン開催

     「探究学習」は、生徒自身が学び方を身に付け、学びの面白さを経験するための重要な機会だと考えられます。私たちの生きる社会は、より一層決まった答えのない社会になっています。学習指導要領が検討された当初、ニュー・ノーマル時代の到来は想定されていませんでした。この社会の中でより良い人生を歩むためには、多様な人とのかかわりや経験を通して自ら学び、実践し、また学び・・・というサイクルを自分の力で回すことのできる力、つまり、より良い人生や社会を自らの力で創る力を身に着けることが重要ではないでしょうか。

     

     「探究学習」はこの力を身に着ける点でも重要な機会になるでしょう。「探究学習」の実施はどのように授業を変えるのでしょうか?また、学校組織や教員の在り方はどのように変わるのでしょうか?

     

     2022年4月から始まる完全実施を見据え、現場でのより良い実践のために、高等学校で学習の基調となる「探究」とその本質について、公立高校に「探究科」を設立し「堀川の奇跡」を起こした荒瀬克己先生・「教育学」を超える「学習学」の提唱者である本間正人先生と考えます。

     

    詳細・お申し込みはこちら

     

    【対談者】
    ・本間正人 先生(京都芸術大学 教授ほか)
    ・荒瀬克己 先生(独立行政法人 教職員支援機構 理事長)

     

    【スケジュール】

    12:50      開場
    13:00-14:00 基調講演:“探究学習の意義と実践” 荒瀬克己先生
    14:10-15:10 分科会①
    15:15-16:15 対談:“探究学習とは?探究学習と学校教育・教師” 荒瀬克己先生×本間正人先生
    16:25-16:55 分科会②
    17:00-17:30 分科会③
     

    荒瀬克己 先生

    独立行政法人 教職員支援機構 理事長

    京都市立堀川高等学校長、京都市教育委員会教育企画監、大谷大学文学部教授、関西国際大学学長補佐を経て現職。

    中央教育審議会副会長、初等中等教育分科会長、「令和の日本型学校教育」を担う教師の在り方特別部会委員、大学改革支援・学位授与機構国立大学教育研究評価委員会委員等を務める。

    著書に『奇跡と呼ばれた学校』(朝日新書)、『「アクティブ・ラーニング」を考える』(共著、東洋館出版社)等。「月刊高校教育」(学事出版)にコラムを連載。

    本間正人 先生

    京都芸術大学 教授ほか

    「教育学」を超える「学習学」の提唱者であり、「楽しくて、即、役に立つ」参加型研修の講師としてアクティブ・ラーニングを25年以上実践し、「研修講師塾」を主宰する。京都芸術大学教授、NPO学習学協会代表理事、松下政経塾主幹、NPOハロードリーム実行委員会理事。東京大学文学部社会学科卒業、ミネソタ大学大学院修了(成人教育学 Ph.D.)。NHK教育TVビジネス英語講師などを歴任。コーチングやほめ言葉、英語学習法などの著書79冊。近著に「やさしい英語でSDGs」

  • 過去に開催された未来の先生展

    こちらをご覧ください。

    未来の先生展2017

    テーマ:体験版”未来の教育 ショーケース"

    2017年8月26日・27日に武蔵野大学にて開催しました。

    https://mirai-sensei2017.mystrikingly.com/

     

    総来場:2569人

    総プログラム数:98

    未来の先生展2018

    テーマ:教育のリストラクチャリング(再構築)

    2018年9月15日・16日に聖心女子大学にて開催しました。

    http://mirai-sensei2018.mystrikingly.com/

     

    総来場:3082人

    総プログラム数:164

    未来の先生展2019

    テーマ:不易流行

    2019年9月14日・15日に明治大学にて開催しました。

    http://mirai-sensei2019.mystrikingly.com/

     

    総来場:3385人

    総プログラム数:212

    未来の先生フォーラム2020

    テーマ:問い直し

    2020年11月22日・23日にオンライン上で開催しました。

    https://mirai-sensei2020.mystrikingly.com/

     

    総来場:2,704人

    総プログラム数:109

    未来の先生フォーラム2021

    テーマ:ニュー・ノーマル(新しい常態)の教育

    2021年8月21日・22日にオンライン上で開催しました。

    https://mirai-sensei.info/

     

    総来場:2,584人

    総プログラム数:100

  • ソーシャルフィード

    最新情報をチェック!

  • お問合せはこちらから

    2~3営業日以内にご返信いたします。連絡がない場合お手数ですが再度お問合せください。